« 料理は人を幸せにする♪ | トップページ | 合格しました!! »

2014年6月30日 (月)

粗品を断るのは損?

おはようございます。

先日、トイレの電球が切れてしまったので

昨日電気屋さんに買いに行きました。

他にも行くところがあったので、

家族4人で行きました。

すると、お会計の時に「どうぞ」とうちわを差し出されました。

蒸し暑くなってきたので、購入した人へのサービスなのでしょう。

4つのうちわを差し出されました。

家族全員でレジにいたので

お店の方が気を利かせて

人数分あげようとしてくださったのでしょうね。

でも、私はとっさに「2つでいいです。」(←にっこり爽やかに(のつもり)言いましたよwink

と半分断ってしまいました。

正直、うちわって我が家ではそんなに使わないんですよね。

寿司飯を作るときぐらいかな。

先日も幼稚園の行事で1つもらってきたので

古いのを処分したばかり。

本当は1つももらわなくてもよかったのですが、

電気屋に着くまでの車の中で子供達が「暑い暑い」って叫んでいたので

子供達の分はいただいておこうかなとなったわけです。

              * * *

以前の私だったら、迷わず4つ貰っていたと思います。

最近は、粗品を貰うときに

「使うかどうか」「本当に必要か」

を考えて貰うようになりました。

「貰わないのはもったいない」

のではなく、

「使わないのはもったいない」

と考えるようになったのは、整理収納の勉強をしてからです。

家にモノが多いなと思う場合、

モノを減らすことも大事ですが、

モノを増やさないことも大事だと思います。

整理収納の勉強をしてから

ちょっとずつ1つずつのモノと向き合えるようになってきたかな。

P6301224

いただいたうちわは

車に常備して使いたいと思います。

  **ご訪問ありがとうございました**

« 料理は人を幸せにする♪ | トップページ | 合格しました!! »

整理収納・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 料理は人を幸せにする♪ | トップページ | 合格しました!! »